カテゴリー: 物理学

No.298「フィッツヒュー・南雲方程式」


今日の方程式。
神経細胞のふるまいを再現する、
フィッツヒュー・南雲モデル。

ホジキン・ハクスリーモデルという
モデルをかんたんにしたもので、
生物リズムを表す代表的な方程式です。

この方程式の特殊な場合が、
ファン・デル・ポール方程式。
こちらは真空管を用いた
電気回路についての研究から生まれました。

見た目には異なる現象も、
数理モデルにすることで
現象の核となる部分が取り出され、
同じ核をもつ現象とつながっていきます。

こういうところも、
物理学のおいしいところというか、
おもしろいところだと思います。

作成者:

おおむねひまにしています。札幌はいいところです。人がほどほどにいて、町が広くて、文化施設も自然もあって好きです。北海道大学大学院 物性物理学専攻 修士1年。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です